ウコンの力を手に入れよう!

ウコンの成分

クルクミン

ウコンの主成分であるクルクミンは、黄色の天然色素でポリフェノールの一種です。ウコンはカレーにスパイスとして使用されていますが、カレーの黄色はクルクミンによるものです。天然の色素として、たくあん等の色付けにも使用されます。

クルクミンには、ポリフェノールとして強い抗酸化作用があり、老化の防止やアンチエイジング効果が期待されています。

また、抗ガン作用やガン予防効果もたかく、特に大腸癌の発症において高い抑制作用が報告されています。最近では、抗アミロイド作用もあると言われ、アルツハイマー型認知症の原因と言われる、タンパク質の異常変異体のベーターアミロイドが脳内に溜まるのを抑制するともいわれ、認知症の予防や改善に今後の研究が期待されています。

また、クルクミンはコレステロール値を下げて中性脂肪の排出を促すダイエット効果があり、体に有益な善玉コレステロールは減らさないという事がわかっています。

クルクミンの摂り過ぎは、肝臓に負担をかけ過ぎて、逆に肝臓の機能を低下させてしまう事がわかっています。肝臓に障害や疾患のある場合、妊婦や授乳中の人は、なるべくウコンの服用を避けた方がいいと言われています。また、クルクミンの過剰摂取が抗がん作用とは逆の、発がん性を持つとも言われているので、適量摂取を心かけましょう。

スポンサードリンク

PAGE TOP