ウコンの力を手に入れよう!

ウコンの利用

粉末ウコン食べ方

生の状態のウコンを毎日摂取することが困難な場合は、乾燥させて粉状にすることで、生のウコンの保存や食べにくさを解消してくれます。

粉末のウコンはスパイスの、ターメリックとしても有名で、ご飯に混ぜて炊くことでターメリックライスなどに使用でき、料理の幅も広がります。

生のウコンが手に入って、生ウコンから粉末ウコンを作る場合、たわしなどで汚れを落とし、黒くなってしまっている部分は取り除きましょう。綺麗になったウコンを乾燥させ易いように、薄くスライサーなどでカットし、太陽に当てて天日干しで乾燥させます。乾燥させて水分を飛ばし、カリカリになったら、ミルミキサーなどを使って粉末状にします。

生ウコンは1日に10gが目安でしたが、乾燥させることで粉末ウコンは成分が凝縮しており、1日に必要な分は3gと言われています。粉末ウコンも生ウコン同様の効果があるので、肝機能の改善や、癌の発生を予防する働きがあり、消炎作用や殺菌作用、血行を促進して動脈硬化防止や二日酔いの症状を改善してくれます。

粉末ウコンは市販のドリンクタイプのウコンや、サプリメントとしてのウコンよりも、二日酔いの症状に即効性があると言われています。

飲酒前にウコンをのむ場合は、ドリンクでも粉末でも、サプリメントでも平気ですが、飲酒後にウコンを飲む場合は、なるべく粉末タイプをとりましょう。そのまま飲むことに抵抗がある場合は、水に溶かして飲むとよいでしょう。

スポンサードリンク

PAGE TOP