ウコンの力を手に入れよう!

ウコンの利用

生ウコンの食べ方

生ウコンが手に入ったら、ウコンの有効成分を吸収しやすいのは、ウコンを生のままかじる方法か、生姜の要領で卸して食べる事が出来ます。しかし、苦みが非常に強いので、そのままでは食べにくいと思います。

ウコンは火を通しても有効成分が失われないので、少量ずつ料理に混ぜることで無理なく食べる事が出来ます。ただ、ウコンはスパイスとしての利用されているので、ウコンの香りを料理につける事が出来ます。

また、カラーやたくあんのような鮮やかな黄色をつける事が出来ます。その為、すりおろしたものをスープやご飯に入れて香りと色見をつけて食べる事が出来ます。ただ、苦みがかなりきついので、たくさんの香辛料がふくまれているカレーに混ぜてしまうのがいいと言われています。

慣れてきたら、和食や中華、洋食にスパイスとして足してもいいでしょう。

生ウコンをすりおろして使用する場合は、1日に小さじ1杯を目安にしましょう。生ウコンは1日の摂取目安が10gと言われており、過剰な摂取はかえって体調を崩してしまいます。

生ウコンとして食用されるのは秋ウコンで、春ウコンや紫ウコンは食用されことはほとんどありません。秋ウコンの切り口が濃くオレンジに近いほど、有効成分のクルクミンをたくさん含んでいる証拠です。

毎日の健康に、すりおろした生ウコンを水かお湯に入れて飲むと、便通の改善やお酒が体に残らなくなってきます。

スポンサードリンク

PAGE TOP