ウコンの力を手に入れよう!

ウコン以外に肝臓にいいもの

レバー

レバーは肝臓なので、人間の肝臓の成分とも一致するところが多く、損傷した肝臓の修復や肝機能の回復に効果があると言われています。レバー自体はビタミンやタンパク質、また必須アミノ酸をたくさん含んでいます。レバーは肝細胞の再生にはタンパク質やアミノ酸が働き、ビタミンとミネラルは肝臓の衰えた機能を回復するとされています。

レバーには造血作用のあるビタミンがたくさんあり、鉄分も豊富で貧血の薬とも言われ、特に女性は積極的に摂取したい食品です。

人が普段食用に利用するレバーには、牛、豚、鶏などがあります。種別間に特に栄養の違いはなく、視覚機能の回復を行うビタミンAや、造血作用のある鉄分と葉酸、細胞の栄養を運搬する赤血球の再生を促すビタミンB12、鉄分が体内に吸収されるのを助けるビタミンCなどがどのレバーにも含まれています。

レバーは独特の臭みや苦みあるので、苦手とする人が多いですが、鉄分は特に不足しがちなので食べるようにしましょう。

レバーは痛みやすいので鮮度がよく、赤みがあって弾力性のつよいものを選びましょう。レバーでは、レバ刺しとして生で食べる場合と、炒め物として加熱して食べる場合があります。

栄養的には生の方が、加熱調理に弱いビタミンなどの栄養素が破壊されないので、お勧めですが、苦手な人は血抜きと臭み消しをしっかり行い、加熱して食べるとよいでしょう。

スポンサードリンク

PAGE TOP