ウコンの力を手に入れよう!

ウコンの効果

生活習慣病予防

ウコンは胆汁の分泌促して、コレステロールを血中から排除して、血液をサラサラにし動脈硬化を予防するといわれています。また、ウコンにはポリフェノールのフラボノイドも含まれているので、血管に直接働きかけて弱った血管を修復し、血管を強化する働きがあります。

ウコンの主成分のクルクミンは、脂肪や糖の吸収を抑えて肥満や糖尿病の改善予防にも効果があるとされています。昔から、ウコンは炎症を鎮静化したり傷の治癒効果があると言われていました。ウコンに含まれるクルクミンは、炎症を抑えインスリンの分泌を促して、 生活習慣病である糖尿病を予防、または改善する働きがあると言われています。

高投与量のクルクミンを与えて、その効果をテストしました。2種類の肥満で 2型糖尿病クルクミンはカロリーを多く取っても、脂肪燃焼を促すので体に脂肪がつきにくく、肥満になりにくいのです。人は脂肪や贅肉が溜まって、肥満になると体の脂肪組織で、マクロファージという免疫細胞が体に炎症を引き起こします。

クルクミンは脂肪組織中のマクロファージの量を減少させて、脂肪組織による肝臓の肥大化や炎症を予防し、動脈硬化や心臓病の予防としての働きもあるのです。

ただ、ウコンに含まれるクルクミン量だけで、糖尿病治療を目的とした摂取は1 日の摂取量では補いきれず、クルクミンの吸収を上げる方法などが研究されています。

スポンサードリンク

PAGE TOP