ウコンの力を手に入れよう!

ウコンの効果

抗ガン

ウコンは健康を促す効果がたくさんあり、一部を除いてウコンの主要成分であるクルクミンは、肝機能の回復に効果があることが知られていますが、ガン予防の効果もあると言われています。ウコンに含まれる色素成分のクルクミンとウコンの精油成分のクルクメンやクルクモール、またエレメンには、ガンの発生や促進を抑制する機能を助ける作用があると言われています。

特に、大腸癌には有効性がかなり期待されています。ウコンをガン予防に使用する事は、ある程度の効果が確認されていますが、ガンが発症してた際の対処療法としては手術や抗がん剤、放射線療法などの医学的な治療の方が有効です。

しかし、それらの医学的対処にウコンを併用すると、抗ガン剤の作用を助ける働きがあり、しかも、抗がん剤の投与で発生する、辛い副作用を軽減させる働きもあるとされています。癌細胞は活性化されると、増殖速度が早くなって自然に死滅する可能性が減ってしまいます。

ウコンのクルクミンは活性された癌細胞を阻害して、抗がん剤の攻撃で倒しやすくする働きがり、さらに癌細胞び自然死を起こさせるよう促す働きもあるといわれています。

抗ガン剤は強力な為、ガン細胞だけでなく正常細胞な細胞も激しく攻撃してしまい、副作用が出現しやすいですが、ウコンのクルクミンは抗ガン剤の攻撃から正常細胞を守ってくれると言われています。

スポンサードリンク

引越

PAGE TOP