ウコンの力を手に入れよう!

ウコンの基礎知識

ウコンのとりかた

ウコンを飲むと二日酔いしなくなる、二日酔いが楽になるといわれ、ウコンをお酒を飲むときのお供にしている人が増えていますが、ウコンは飲む前と飲んだ後いつに飲むのが効果的なのでしょうか。

ウコンを二日酔い対策に飲む場合は食後に飲むのがいいとされています。ウコンを食後に飲むと、消化吸収を助けてくれる働きもあるので、消化にも良い効果があります。ウコンの有効成分は油に溶けやすいので、食事の直後に飲むと、食事でとった油に溶けて効率よく体内に吸収されます。

また、ウコンの主要成分であるクルクミンは、レシチンという大豆や卵に含まれる脂質成分や、パンの発酵などに使われるイースト菌、腸の調子を整えてくれるヨーグルトの乳酸菌などと一緒に摂取すると、ウコンは抗酸化物質に変化して効果を高めると言われています。

では食事とお酒を一緒にとる場合、ウコンはお酒を飲む前でも、飲んだ後でも摂取することで二日酔いを解消する効果があると言われています。基本的には、お酒を飲んだ後にウコンをとる方がいいと言われています。ウコンはアルコールを体内で分解するときに発生する毒性のあるアセトアルデヒトの分解を早めて、体外に排出するはたらきがあります。

お酒を飲む前にウコンを飲むと、ウコンを飲んだという安心感や、上記の作用でお酒を飲みすぎてしまうと言われています。飲まないよりは飲んだ方がいいので、飲酒後は酔っぱらって飲み忘れる危険がある人は、飲酒前に飲んだ方がいいでしょう。

スポンサードリンク

PAGE TOP