ウコンの力を手に入れよう!

ウコンの基礎知識

ウコンとは

ウコンはインドが原産になるショウガの仲間の多年草植物で、日本ではウコン、英語ではターメリックと言い、特に沖縄ではウッチンとも言われます。

ウコンは様々な種類があり、日本では沖縄県や鹿児島県などの温かい地域で栽培されています。生姜の仲間なので、見た目も生姜に似たゴツゴツした多肉質の根茎で、種類によって切り口の色が異なりますが、一般的には黄色です。料理をする人は知っているでしょうが、このウコンの黄色はカレーの黄色で、スパイスとしてはターメリックの方が一般的です。

日本におけるウコンの歴史は意外と古く、伝来したのは室町時代とされています。江戸時代では、沖縄を通じて鹿児島に広まったと言われています。

ウコンは肝機能を強化する働きがあり、昔から薬草として肝臓が弱ったときなどに料理やお茶にして利用されてきました。現在でも、お酒を飲む際にはウコンを摂取する事が多く、お酒で弱った肝臓を回復し、消臭効果でお酒の匂いもとることが出来ます。

ウコンは肝機能の回復だけでなく、癌や動脈硬化などの生活習慣病を予防する働きもあると言われ、近年はダイエット効果も期待されています。

さらに、ウコンは若返りのビタミンと言われるビタミンEと、同じくらいの強い抗酸化作用を持っています。体を酸化させる活性化酸素を除去して、老化を防止してくれます。沖縄の人が、健康で長生きであることは色々な要素がありますが、ウコンもその一つと言われています。

スポンサードリンク

アフィリエイト 初心者 副業

PAGE TOP