ウコンの力を手に入れよう!

肝臓基礎知識

膵臓

すい臓は胃の後ろ側に位置している臓器で、全長は15cmで横に長く、だんだんと細くなっていきます。すい臓の働きは主に2つあり、3大栄養素のタンパク質、糖質、脂質を消化して酵素をつくり、十二指腸に分泌する外分泌という働きと、血液中の血糖値の上昇を制御できるホルモンをつくり分泌する内分泌を行う2つの働きがあります。

すい臓の消化液であるすい液は、食物の消化を促して、アミラーゼ、マルターゼ、ラクターゼなどの炭水化物の消化を行う消化酵素、タンパク質を分解するトリプシン、また、脂肪を分解するリパーゼなどの消化酵素を含んでいます。

特に、すい液は十二指腸に出るまでは不活性状態で存在するので、トリプシンなどのタンパク質を分解するためものは、腸に行ってから活性化して消化を行い、有効成分効率よく腸で吸収します。

また、血糖値を調整するホルモンを分泌して、血液中のブドウ糖濃度が高い場合は、インスリンを分泌して糖を分解し、ブドウ糖の値が低いときにはグルコガンを分泌する作用があります。インスリンは、糖尿病の治療によく利用されますが、インスリンの働きは血液中のブドウ糖を筋肉に取り込こみ、血糖値を下げることです。グルコガンは、インスリンとは逆に、ブドウ糖をつくって血糖値を上げる働きを行います。

すい臓は糖尿病と密接な働きがあり、膵液が調節しているインスリンは、働きが悪くなることで糖尿病がになってしまいます。特に、糖分をとっていなくても膵臓が悪いと、糖尿病になってしまいます。

スポンサードリンク

PAGE TOP