ウコンの力を手に入れよう!

肝臓基礎知識

胆のう

胆のうとは、肝臓の下に位置する、袋状の洋ナシに似た形の小さな臓器です。胆のうには肝臓でつくられる胆汁を貯蔵して、胆汁で消化した食物の水分や塩分を吸収し濃縮する働きがあります。

また、食物が十二指腸に入り込んだときに、たくわえておいた胆汁を放出して十二指腸への侵入を防ぐ働きがあります。胆のう自体には消化機能はありませんが、胆汁によって腸管内で脂質の吸収を促す働きがあります。

胆汁は、胆のうに貯蔵される消化液でアルカリ性の黄色の液体です。胆汁の成分はほとんどが水分で9割を占めています。残りの1割には、ビリルビンや胆汁酸、コレステロールなどが含まれています。

胆汁は脂肪吸収に使われ、一度使用されてもほとんどが再び肝臓に戻ります。戻らなかった分は、老廃物として尿や便と共に排泄されます。尿や便が黄色をしているのはビタミンや、この胆汁の黄色色素であると言われています。

胆汁は主に脂肪の消化を助けますが、腸管は通常の水や油と同じで、腸内で脂肪や脂溶性ビタミンなどが水と混ぜても上手く混ざらず、分離して混ざりにくくなるので、腸では脂肪の吸収はあまり行われません。そのため胆汁の働きで、脂肪を乳化して水に溶かし、消化されやすいように変化させるという大事な役割があります。

脂肪は生命が活動するのに必要なエネルギーとして、燃焼されるので脂肪が不足しても体にはよくないのです。

スポンサードリンク

PAGE TOP