ウコンの力を手に入れよう!

肝臓基礎知識

肝臓にやさしい飲み方

お酒はほどほどに飲むことで、体や健康だけでなく、気分もよく飲む事が出来ます。

飲酒では2種類以上のお酒を飲む、いわゆるチャンポンという飲み方は、肝臓に直結して悪影響はありませんが、どれだけ飲んだかが分かりにくく、飲みすぎてしまいます。また、酔いやすくなると言われているので、何種類ものお酒を1日に飲むのではなく、適量を守って飲むようにしましょう。

途中に水やウーロン茶を飲んで、休憩することも大事です。お酒を飲むとのどが渇くのは、アルコールが分解されて脱水状態になっているからで、水を飲む事で脱水状態を防ぎ、飲みすぎないようにすることができます。アルコール以外なら何でも大丈夫ですが、ジュースなどの糖分が高いものよりも、ウーロン茶のような脂肪吸収も抑えられるものを飲むようにしましょう。お酒を飲むと味の濃いものや、脂っぽいものが食べたくなります。

しかし、アルコールは分解されて脂肪として蓄積されるので、つまみの脂肪と合わせると肝臓に大きなダメージを与えます。つまみは低脂肪で高タンパク質のものがよく、大豆製品の枝豆や冷奴などがいいでしょう。また、生野菜などでビタミンを補給する事も大切です。

アルコールを分解にするのに、ビタミンBが使用されるので、特に終盤ではビタミンが補給できるサラダなどを食べると、すみやかにアルコールを分解出来ます。

また、連日した飲酒は避け得て、1週間に2回は休肝日をもうけるようにしましょう。

スポンサードリンク

PAGE TOP